FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ絵本の紹介

みなさま、こんばんは。
エリーです。

本が読みたい!
読書がしたい!!
と読書欲が高まってきました。
定期的に訪れるんですよね、本を読みたくて仕方なくなる時が。

でも、子供がいるとどうしても、自分の時間って持てないですよね。
特に私は、小説を読み始めると、すぐ本の虫になってしまうので、育児放棄しかねません。
ということで、近所の幼稚園に行って、ひたすら読んできました。
絵本。
これなら息子も一緒に楽しめますしね!
ということで、読んできたうち、印象に残っていた2冊をご紹介させていただきます。



『おべんとう』
小西英子


ひとつのお弁当が出来上がるまでの過程が描かれ、見ているだけでよだれが出てくる絵本です。
柔らかいタッチで色彩よく描かれたおべんとう。
キャラ弁などではなく、昔ながらのシンプルな、子供が好きそうなお弁当が出来上がります。
お話しというよりも、イラストが大好きでよく読んでいます。(私が好き)
息子にはお弁当を作ってあげたことがまだないので、意味は分かっていないのかもしれません。
意味がわかったとしても、お母さんはこんな素敵なお弁当は作れてあげられなそう、ごめんね!




『くだもの』
平山和子


食べ物つながりでもう1冊。
この絵本もイラストがすっごく素敵です。
かなりリアルに描かれていて、みずみずしい果物がいっぱいです。
左側に果物の全体図、右側に食べる時の状態が描かれています。
(例:右側・桃の皮をむく前 左側・桃の皮をむいてカットした後)
最後のバナナは……さてどうやって食べる?と子供に疑問を投げかけてお話しは終わります。
(最終頁に回答有)

昔ニュースで見たことのある、「今の子は、魚はお刺身の状態で泳いでいる」と揶揄されていたのをふと思い出しました。
息子にはそうならないでほしいものです。

なお、私はこの絵本を見て、バナナを買いに行きました。
息子に皮を剥いて与えたのですが、息子は皮を食べようとしていました。
黄色方がおいしそうにみえるもんね……。



ブログランキングに参加しました。
ぜひ”ぽちっ”とお願いいたします。



スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

このブログについて

エリー

Author:エリー
「2015年9月に生まれた息子の育児」をメインとしたブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
すくパラ
検索フォーム
ランキング
ブログランキングに参加しました。 ぜひ”ぽちっ”とお願いいたします。
Pixiv
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。