FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B型ベビーカー(バギー)を購入するにあたっての10のポイント。

みなさま、こんばんは。
エリーです。

タイトル通りの内容です。
AB型のベビーカーを1台持っているのですが、古いし、かさばるので、新しいベビーカーの購入を検討しています。
7ヶ月からは、いわゆるB型(バギー)というベビーカーを使用できるようになります。

B型のお値段は、ピンキリ。
安い物だと4,000円。
高い物だと3万円以上。

一応予算は設けつつも、ベビーカーにどこまで機能を求めるかが選択のポイントだと思うんですよね。
ということで、ここで私のB型ベビーカーのポイントについて、まとめさせていただきます!!

1.対応年齢の上限の確認
 B型ベビーカーは7ヶ月、腰が据わってからを対象としています。
 そして、2歳(12kg)までもしくは3歳(15kg)までのどちらかであることが多いです。
 (たまに4歳まで対応のがあるみたい)
 息子はすでに10kgなので、3歳(15kg)まで使用できるものを購入予定です。


2.ベビーカー自体の重量
 ベビーカーの重さは様々ですが、2.8kgが一番軽いのかな?
 昔のベビーカーですと、B型でも8kgあるものもあったので、最近は軽くなりましたね。
 B型ベビーカーはなるべく軽い方が好まれる傾向にあります。
 ベビーカーに子供を乗せている間は問題ないのですが、ベビーカーから子供を下した際、状況によってはベビーカーを持ち上げる必要があります。
 (例:電車やバスに乗るとき)
 私も軽いものが欲しいです。


3.折りたたんだ時に自立するか
 ベビーカーを畳んだ時に、自立できるように、バランスが工夫されていたり、自立スタンドがついていたりするものがあります。
 店員さんに聞いてみたところ安い物はほとんどのものが自立しないそうです。
 (つまり、畳んだ時に、横に倒れてしまう。)
 

4.荷物の容量
 ベビーカーの下に荷物を入れられる籠が付いているものと付いていないものがあります。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 あると便利!と思っていたのですが、籠に荷物を入れると、折りたたむことができないし、そんなに荷物が入らないからいらないという意見もあるようです。
 加えて、前述にあげているベビーカー自体の重量の違いもあるので、どうやら好みのようです。


5.折りたたんだ時のコンパクトさ
 折りたたんだ時に、どれだけコンパクトになるかもポイントのようです。
 小さくなれば小さくなるほど、保管しやすいし、持ち運びも楽ですからね。
 一応現時点での最小コンパクトは、こちらの品物「ポキット」という商品のようです。
 どのくらいコンパクトかというと、自転車の籠に入るそうです!
 それはすごい!
 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

6.バー
 ベビーカーの前に、子供がつかめるバーがあるのとないのがあります。
 ←なし    →あり
 商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
 このバーは子供をベビーカーにのせたまま持ち上げる時に便利です。
 また、子供が前かがみになった際、掴めるところがないと、落ち着かない子もいるそうです。
 (A型のベビーカーにはほとんどついているため、バーに慣れている子が多いそうです。)
 でも、バーがある分、折りたたむが大変なタイプもありますし、重量が多くなります。
 

7.日除けカバー
 子供から日差しを守る日除けカバー。
 しっかり子供まで覆ってくれるタイプもありますが、ついているけど役に立たないくらい小さいものもあります。


8.車輪の大きさ
 車輪の大きさもメーカーによって様々です。
 どのサイズがいいかは、私は素人なので判断が付きませんが、私は大き目が好きです。
 小さいと線路や排水溝に挟まってしまうことがあります。


9.シートベルト
 よく見かけるのは、3点式か5点式のどちらかが多いですよね。
 私の持っているA型ベビーカーは3点式ですが、8ヶ月頃から息子が抜け出してしまうようになりました。
 5点式はなかなか抜け出しにくいといわれています。
 確かに、車のベビーシートが5点式ですが、まだ抜け出せずにいます。


10.安全性
 これはいわずもがなですね。
 でも日本で売られているものは、ほとんど安全基準を満たしているので、大丈夫かと。
 あとは、地面からの高さや揺れのクッション性、子供ののりごこち。
 私個人の意見ですが、A型を購入するときほど、気にしなくなりました……。


以上が私が考えているB型ベビーカーの購入ポイントです。
と言いつつ、まだ悩んでいます。
結構絞れてはきているのですが、実物を置いているお店が少なくって。
やっぱりネットだけではなく、実物を見てみたいですからね。





ブログランキングに参加しました。
ぜひ”ぽちっ”とお願いいたします。





スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

このブログについて

エリー

Author:エリー
「2015年9月に生まれた息子の育児」をメインとしたブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
すくパラ
検索フォーム
ランキング
ブログランキングに参加しました。 ぜひ”ぽちっ”とお願いいたします。
Pixiv
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。