FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都知事選挙の際に、不在者投票制度を利用した話。

みなさま、おはようございます。
エリーです。

昨日、新しい都知事が誕生しましたね!
小池百合子さん。
東京都知事としては、初めての女性だそうです。
三つ巴と言われていた戦いですが、ふたを開けてみればまさかの圧勝。
正直驚きました。

そんな私も、きちんと投票には行きましたよ~!
誰に投票したかは、言えませんが政策を見比べて自分の意見に合った方へ投票しました。

でも、投票は秋田県の選挙管理委員会で行いました
そう!
私は今、夏休みなので実家に帰省しているんです。
まさか帰省中に選挙があると思っていなかったので、慌てて不在者投票制度を利用しました。
選挙は義務ですからね~、投票せずに文句は言いたくなかったので。

ということで、今日はとっても面倒だった不在者投票制度について語りたいと思います。




そもそも、不在者投票制度ってご存知ですか?
私も制度があるのは知っていましたが、その権利を利用したのは、今回が初めてです。
私の家族にいたっては、その制度を知りませんでした。
(期日前投票とは別です。)

不在者投票制度(ふざいしゃとうひょうせいど)とは、日本における事前投票制度の一つ。選挙または国民投票期日に投票所へ行けない人が、公示日または告示日の翌日から選挙または国民投票期日の前日までの期間に、不在者投票管理人の管理する場所および現在地で投票することができる制度である。(Wikipediaから引用)


簡単に言うと、「投票日(期日前投票期間も含む)に自分の投票所に行けない人は、自分がいる場所の近くで投票できます。」という制度。

*******
手続きとしてはこんな感じ。
①郵送で届く選挙の用紙の裏面に必要事項を記載して、住民票のある管轄の選挙管理委員会へ送る。
 (郵送先は、封筒に記載されていました。私の場合は東京の在住区。)
②レターパックで不在者投票用の用紙が届く。
 (秋田県の実家に届きました。)
③中に入っている投票用紙を秋田県の選挙管理委員会にもっていく。
 (投票用紙は、透明の袋で覆われていて、絶対に開封してはいけないと記載されていました。)
④秋田県の選挙管理委員会で投票する。
*******

以上4ステップ。
不在者投票自体は思っていたより、簡単でした。
この制度のおかげで、きちんと投票もできたし、大変助かりました。


では、何が面倒だったのか。
それは……秋田県に選挙管理委員会は1か所しかなかったことです。
私は、選挙管理委員会のある場所まで、車でいける距離だったから、なんとかなりましたが、これが秋田の端に住んでいたりしたら、投票だけで一日がかりになります。
往復5時間かかる場所なんて県内にいっぱいあるからね!

だから、不在者投票制度を利用するときは、お近くの選挙管理委員会まで行けるかどうか確認してから、申請した方が良いと思います。
もしも、不在者投票用の投票用紙を申請した後に、不在者投票を行わなかった場合、その用紙を返送しないといけないそうです。
それはそれで、面倒ですからね。
(しかも届く時の郵送料は税金だし、返送料は自分のお金だし、もったいない!)


次、選挙が開催される時は、なるべく住民票のある東京から出ないように気を付けようと思いました。




スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

このブログについて

エリー

Author:エリー
「2015年9月に生まれた息子の育児」をメインとしたブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
すくパラ
検索フォーム
ランキング
ブログランキングに参加しました。 ぜひ”ぽちっ”とお願いいたします。
Pixiv
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。