FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1歳4ヶ月。歯医者さんに行って教えてもらった事。

みなさまこんばんは。
エリーです。

先日、息子を初めて歯医者さんに連れていきました。
その時にいただいたアドバイスをブログにまとめてみたいと思います。
歯医者さんに行くか悩んでいるお母さんの参考になれたら幸いです。


歯医者さんに行こうと思った理由
 1、上下に歯が生えてきたため
   (息子は早いのか上下8本ずつ、計16本すでに生えています)
 2、まだ授乳しており、虫歯になっていないか心配だったため
 3、フッ素加工をしてもらいたい
 4、今行っているケアでいいのか、これからどうしたらいいのか分からないから教えてほしい


行った歯医者さん
私は歯科だけではなく、「小児歯科」と看板に掲げている歯医者さんに行きました。
事前予約を行う時に、子供の月齢を告げ対応していることを確認しました。


検診
息子はこのような体制で先生に見ていただきました。

153_歯医者
もちろん息子はすごい嫌がりましたので、無理やり押さえつけました。
ギャン泣き。


アドバイス
上手に磨けているということでひとまず安心しました。
確かにはが生えるのは早い方だが、歯の生え方は個人差がものすごくあるので、気にしなくていいそうです。
虫歯も今のところはなし。
ただ、上の前歯の間が一番虫歯になりやすいので可能なら糸ようじで歯間の汚れを取った方がよいとのこと。

153_歯医者_2

とそういって先生は、小林製薬の糸ようじで掃除をしてくれました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

糸ようじ 30本入り
価格:515円(税込、送料別) (2017/1/14時点)




乳歯は上10、下10の合計20本なので、息子は奥歯としてあと4本生える予定。
おっぱいを飲む口と食べ物を噛む口の形は違うため、そろそろ卒乳を考えてもよい頃合いだそうです。


フッ素加工
息子がギャン泣きしてしまったので、フッ素加工を行うことはできませんでした。
あまり泣くようだと、フッ素が取れてしまうので、意味がないそうです。
しかし、家で『ジェル状の歯磨き粉』を使用していることを伝えると”今は”それで充分だそうです。

私が今使用しているのは、多分これ。



いずれ泣かなくなったら、高濃度フッ素でさらに虫歯予防をしていきましょうとのことでした。
……つまり泣きさえしなければすでに出来るということよね。
息子、泣かないでよ~。



今後の方針
区で行う「1歳半検診」でも歯科検診があるので、そこでまた見てもらう予定です。
そして、それが終わってから3か月後にまた来院することを勧めていただきました。
大体6月くらいかな?
その時の口の中の状態を見て、今後は3ヶ月後とか半年後とか検診の頻度を決めていきましょうとのことでした。


費用
東京都の乳幼児医療費助成制度のおかげで費用はかかりませんでした。
ありがたい……!!たすかります、ありがとう!
(フッ素加工は保険適用外らしいので費用がかかるらしい?とはいっても5千円もかからないそうです。)


以上、歯医者さんデビューのお話でした☆
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント

このブログについて

エリー

Author:エリー
「2015年9月に生まれた息子の育児」をメインとしたブログです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
すくパラ
検索フォーム
ランキング
ブログランキングに参加しました。 ぜひ”ぽちっ”とお願いいたします。
Pixiv
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。